-代表プロフィール- 冷暖房空調設備、冷凍冷蔵設備工事のタイレイクリエイションです。長年の経験と実績であなたの「困った」にお答えします!

HOME > 会社案内 > 代表プロフィール

代表プロフィール

昭和27年(1952)神奈川県丹沢生まれ。
昭和49年、冷凍空調専門学校(現東京テクニカルカレッジ)卒業後、空調冷熱関係の会社に 入社。同時期、第一次オイルショックがあり環境とエネルギー問題に関心をもった。
スーパーマーケットの揺籃期を迎えるなかで、食品関係の冷凍冷蔵工事を数多く経験した。
昭和63年に、太冷設備を創業し、平成2年9月株式会社タイレイクリエイション(太平洋のように雄大で新たな冷の創造をめざす、の志に由来〕を設立。現在に至る。
私の想い
私は今から35年前19歳の時、小山学園冷凍空調科学生のときに、元東洋製作所工事部長であり恩師でもある日高先生に“この業界でがんばって起業を目指せ”と、強い啓示を受けた。
一介の少年の自分にとってはまさに神の意声であり、強い意志を持ってその後の人生を送ってきた。
スーパーマーケットの高揚期に冷凍冷蔵設備工事に出会い、34歳でそれまでの経験を生かし個人として工事屋を始め37歳で法人化を果たした。

その後、大手設備会社の下請けとして多くのスーパーマーケットの冷凍冷蔵設備工事を請け負ってきた。
創業時は世間は共生の時代という発想で、下請けも共に成長し利益共有しようとおだてられ、つかの間の時代は終わった。

バブル崩壊、少子化、消費の低下、デフレスパイラルなどの理由において、その後は低成長期に突入、業績が徐々に低迷するようになった。
闇夜の中で手探りをするような状態の中、数年前少しでも何かのヒントをと放送大学の幾つかの科目を受講。自分自身が時代の流れに漂流している事に気がついた。

しかし、気がついただけでなかなか対策が出来ない状態が続いた。
下請けの体質にどっぷり漬かっていた為に、成長が停滞していることに気がつくのに10年の歳月が過ぎていた。
同時に、それは目の前の仕事を消化する事で頭がいっぱいになり、先のプランが不足している自分に気がつかなかった10年でもあった。

今、これからの時代を切り開く意味で、顧客創造企業という自分の中では新しい発想を意識し始めた。
自らの営業努力により、エンドユーザーの要求をつかむことで新たな課題が生まれると確信している。
うちの売りは何なのか、不足しているのは何なのか、毎日そんなことを考えている。
お客さんが求めているのはお客さんが欲しいもの。
・・売れる商品、売れる企業ってそこに目が向かないと駄目なのではないかと、視点を変えた新しい企業のテーマに取り掛かっている。



投稿者 プレハブ冷凍庫・冷蔵庫、冷凍・冷蔵設備、冷媒配管工事、空調設備工事のプロ:タイレイクリエイション :2006年11月15日